ハクビシン駆除の多彩な方法|習性利用でスピーディーに駆除!

作業者

自治体に許可をもらう

家

近年では、ハクビシンの被害が都心部でも確認されています。主な原因としては、元々の住処である気が生い茂る自然地域の開発によって住む場所が制限されているからです。そのため、住宅街でも頻繁に見かけるようになっているのです。しかも、外敵に見つかるリスクが少ない戸建ての屋根裏に巣を作って住み着いてしまうのです。ハクビシンの能力は、1m以上の跳躍が可能なのと木登りが得意なので、垂直な壁や柱をスイスイ登ってしまいます。しかも平面な場所でも、俊敏な動きをするので捕獲網を持って捕まえるのは難しいです。なので、ハクビシン駆除を行なう場合は、出入りが頻繁なところにかご型の罠を仕掛けるのが最適です。野菜や果物に、動物の肉をカゴの奥深くに入れれば高い確率でハクビシンが入ってくれます。

一応、専用の罠は通販サイトでの購入が可能です。大抵は1万円前後か5,6千円程で購入できるので気軽にハクビシン駆除ができるでしょう。ですが、捕獲罠を利用してのハクビシン駆除をする前に、自治体に申請をする必要があります。なぜなら、住宅地に出没する害獣でも野生動物に分類されます。特定の外来種に指定されていないので、勝手に駆除や捕獲をすると鳥獣保護違反になります。そのため、居住地域内の保健所や自治体に駆除申請の書類を提出する必要があります。書類を提出したからと言って、すぐに駆除できるわけではなく許可が降りるまで、ハクビシン駆除の駆除は許されません。大抵は12日か30日程で許可が降りるので、通知が来たら駆除作戦を決行しましょう。